ポルトガルが好きなんです!

旅の備忘録、お出かけしたところ、お芝居やコンサート、美術館など書いています。

 

  2005年、団体ツアーで初めてポルトガルに行き、すべてに魅せられました。
垢抜けないところが私にぴったり。

 2011年、勇気を出して相棒とポルトガルに個人旅行。帰りはスペイン サンセバスチャン、パリ に寄りました。

 2016年5月29日~6月15日、三度目のポルトガル訪問。相棒のたっての願い~「石の村 モンサント」に行きました。
  
 2017年6月には リスボン祭り(聖アント二オ祭)に行ってきました。

帰って来て、すぐに、行きたくなる国ポルトガルです。

  2018年はポルトガルは小休止で2019年1月末にアルガルベのアーモンドの花霞を見に行こうと思っていたのですが・・・
やっぱり私はポルトガル病なんですね。我慢が出来ませんでした。
 11月に行き、思わぬアクシデントに遭遇。
その時の旅日記 「ポルトガルはいつも優しく迎えてくれる」を書いています。

 令和元年は9月に6度目のポルトガルに。ポルトの滞在し近郊の町を訪れ、うち2日は北部レグア
に。ドウロ川渓谷のブドウの収穫を見たかったのですが残念ながら2日前に終わっていました。

 これから何年生きられるか分りませんが、旅が出来る体力があるうちは出かけたいと思います。

 

            

🥘パエリア大会で日本一になったパエリア🥘を食べに行く

昨日はいつもの友人夫婦とダブルデートで
  スペイン料理を食べに行きました。


 お店は PEKO PEKO


前を通るたびに気になってはいましたが 入ったことありませんでした。


👇 これは6月8日号の タウン誌です。
朝刊の折り込みに入ってました。


 パエリア大会🥘で日本一になったというのです。そして国際大会の出場権も手にしたそうです。


 大会はNPO法人全日本パエリア連盟が毎年開催し、全国から腕利きシェフが集まる。食材や機材などは全て支給され、同じ条件の下で薪火で2時間以内に🥘パエリャ バレンシア―ナ」を作り上げその出来を競う。「バレンシア―ナ」は魚介を使う🥘とはことなり、鶏肉やウサギ肉、カタツムリ、インゲン、豆類が」主な具材で味付けも出汁をつかわずに塩のみで作られるもの。今回のコンクールには12チームが参加。
 調理は丸鳥やウサギ肉をさばくところから始まり、気が抜けない長丁場。調理途中で薪火力の強さなど細かいミスが出たが、臨機応変に対応。昨年チャンピォンらを押さえて優勝した。(タウンニュースより)
 

👆 塩田シェフがスペイン料理に出会って15年。以前はフレンチのシェフなども務めてきたが「フレンチほどかしこまらないところがいいな」と興味を持ち始めた。そして33才でスペインを訪れた時、本物の味の豊かさに衝撃を受けた。帰国後は自分でも本場の味を表現したい」と憧れを持ち、当時、働いていた店をやめて一念発起。2020年に鶴見に店を構えた。




 火曜日のランチは🥘パエリアディでした。サラダとスープがついてきます。
 私は飲み物はサングリアです。ツレは 冷酒で「上善如水」を選びましたが割とスペイン料理とマッチしてたようでおかわりしておりました。



おつまみは各種みんなで突っつきました。


<゜)))彡イワシの酢漬けはふっくらと酢の加減もよく美味でした。
全体的に塩が効きすぎていないのがとても食べやすい。

     👇普段は小食の私も一緒に行った彼女もパエリア完食!

       

 思い出ですが、最初にスペインに行って食べたのは妹との旅でした。だいぶ昔のことです。私は鶏肉と思って食べていたのですが、妹が「違う」と「獣の味がする」って。
獣?うさぎでした。うさぎを使うのは普通のことなんですね。私はとても美味しかった。

 今日のパエリアにはうさぎでなく鶏肉、イカ、豆、牡蠣、海老
などふんだんに入ってました。とても美味しかった。これも塩加減が多くないのがいい。


 世界大会は9月に。
 国際コンクールは60回を超える由緒ある大会で、各国からパエリア職人たちが集まる。
「他のシェフの思いも背負い、身の引き締まる思い。これまで自分が作ってきたものが本場でどこまで評価してもらえるかが楽しみ」と意気込みを語った、(タウン誌より)


             


 どうぞ頑張って来て下さい!遠く日本からスペインに応援エール送ります!塩田シェフに「ご馳走様、美味しかった」をお伝えして大満足でお店を出ました。塩田シェフは物静かでシャイな印象のいかにも職人というイメージでした。



 それからすぐ近くの主にシニアが集う珈琲館でまたお喋り。私たちを含めおばーさんの女子会が多いです。




👇 2015年 バルセロナに行ったときのもの

2015年 サンセバスチャン バル巡り


最後までお付き合いくださりありがとうございました。


 

非ログインユーザーとして返信する